トラック買取りを依頼するなら買取業者を探す【査定見積もりを依頼】

正しい車両選びのために

トラック

購入のポイント

中古トラックの購入を検討している場合、一番心配なのは耐久性に対する懸念です。通常の乗用車の場合、10年や10万kmという一つの節目があり、年数で言えば6年で減価償却となり、自動車の価値が著しく落ちることとなります。乗用車の場合、年式や走行距離は購入する判断材料としてとても重要なポイントです。希少な車や人気の高い車は多少の年数が経過していても高く流通することもありますが、大抵は年数や走行距離で決まるでしょう。しかし、中古トラックの場合そうでもないようです。トラックの場合、市場に流通する台数が多い車両の人気が高く、年式や走行距離に関しても普通車に比べれば評価が低いといえます。中古トラックの場合、そもそも走行距離が少ない車両自体が少なく、ほとんどの車両が10万kmオーバーで中には50万kmを超過しているものもあります。ただし、日本には車検制度があり、商用目的の大型自動車の場合、毎年の車検が義務付けられており、また、事業用として新車を導入する企業の場合、5年〜6年のリース契約で導入されているケースが多いです。リース期間中は、リース会社の所有として正しくメンテナンスが行われているため、安全性は保たれています。リース終了後に中古市場に流通する車両であれば安心して購入できます。整備点検記録簿や登録歴などからその車の前のオーナーが分かりますので、リース終了車で程度の良い中古トラックを探してもらうと良いでしょう。

Copyright© 2018 トラック買取りを依頼するなら買取業者を探す【査定見積もりを依頼】 All Rights Reserved.